HOME  >  no.9  >  [Special Interview]東京バレエ団:渡辺 理恵/柄本 弾

[Special Interview]東京バレエ団:渡辺 理恵/柄本 弾

2015.2.6

渡辺 理恵

渡辺 理恵
2004年入団。09年「白鳥の湖」のオデットに抜擢され、以後数々のソリスト役で活躍。12年にベジャール版「くるみ割り人形」の母を演じ、13年には「テーマとヴァリエーション」主演、「ラ・シルフィード」で全幕初主演を果たす。その後も「ザ・カブキ」顔世御前、「白鳥の湖」オデットで好評を博している。

柄本 弾

柄本 弾
2008年入団。2年後「ラ・シルフィード」「ザ・カブキ」で主役を射止める。エック版「カルメン」エスカミリオや「ロミオとジュリエット」ロミオで高評を得、以後も「ラ・バヤデール」影の王国、「ドン・キホーテ」「眠れる森の美女」全幕主演と快進撃を続ける。

バレエを始めたキッカケは?
渡辺 5歳から始めました。自分からやりたいと言った訳ではなかったのですが、幼稚園のお遊戯会で楽しそうに踊っている私の姿を母が見て、バレエを習わせてみようかと思ったのが最初のキッカケです。

小さい頃からバレエをやっていたという事ですが、本格的にバレエをやって行こうと覚悟を決めたのはいつですか?
渡辺 覚悟とかはまったくなかったです。高校を卒業してから東京バレエ団に来たのですが、東京バレエ団に受かるまでは大学進学も考えていましたし、バレエをずっと続けていくとはその時は考えていなかったです。でも東京バレエ団に合格する事が出来て、バレエも好きでずっと続けてきたので、このままバレエをやり続けようと思いました。
柄本 僕も5歳から始めました。兄と姉が先にバレエをやっていて、二人がバレエをやっている姿を見て自分もやりたいと言い出したのがキッカケです。

東京バレエ団に入るキッカケは?
柄本 5歳から始めて高校1年生までの間は、バレエで生活出来たらなとは考えつつも、本腰を入れてやってはいなく、ただ好きでバレエを続けていた感じでした。高校1年の冬に違う教室のバレエ教室の発表会に出させてもらった時に、周りはコンクールで入賞した人ばっかりで、実績のない僕は初めて外の世界に触れてショックを受けました。その時にこのままではいけない、バレエ団には入れないと痛感し、真剣に取り組むようになりました。  今まで週2回ぐらいしか練習してなかったのですが、真剣にやると決めてからは週8〜9回ぐらい練習していました。

「ジゼル」に主演で出演する意気込みをお願いします。
渡辺 私は全幕の主役は2度やらせて頂きましたが、主演に関わらず、どんな役であっても取り組む気持ちや姿勢は変わりません。ただやはり真ん中で踊る事が多いので緊張はあります。そこを気負いせず、いい緊張感を持って取り組んでいけたらと思っています。

「ジゼル」と言えば1幕と2幕でがらりと役柄が変わりますが苦労した部分とかありますか?
渡辺 まだリハーサルが始まっていないので具体的な事は言えませんが、やはりその部分がこの舞台で一番大切な部分だと思うので、伝えきる為に根本的な技術や演技を大事にして臨みたいと思います。
柄本 今回アーティスティック・アドバイザーのマラーホフさんに指導をして頂いているのですが、「ジゼル」はマラーホフさんの十八番の作品なので、指導の中から色々な事を吸収していきたいです。理恵さんとも話し合って自分達なりに良いものを作っていきたいと思っています。

「ジゼル」の舞台を演じる上で観て欲しい部分や見どころはありますか?
柄本 1幕と2幕の違いです。東京バレエ団はコールド(群舞)が有名なので、2幕のコールド・バレエのピタッと揃った群舞にも注目して欲しいです。
渡辺 バレエ特有の見どころで言えば、女性のトウシューズを履くことによって生まれる浮遊感もあります。すべての踊りに共通しますが、体全体で表現をしていますし、一つ一つの動きや表現に意味があるのでそういう部分もみて欲しいです。

バレエダンサーにプライベートな質問しちゃいました

バレエダンサーとして食生活とか気を付けている事はありますか?
柄本 それよく言われます(笑)
渡辺 聞かれる度になんて答えていいか困ります(笑)
柄本 夢を壊しちゃうかもしれませんが、バレリーナはお菓子結構食べます(笑)。
渡辺 お菓子の方がよく食べています。
柄本 やはり運動量がすごいので食べた分は消費してます。

姿勢とか気を付けたりしているんですか?
渡辺 バレリーナのイメージとして私生活とか食生活をストイックに過ごしているイメージがあると思うのですが、逆にそこまでストイックにしていると体が持たないです(笑)
柄本 うん、持たないです。
渡辺 練習の時は皆ストイックですが、終われば好きなもの食べたり、飲んだりしてストレスを貯めない様にしています。

東京バレエ団 『ジゼル』全2幕

一覧に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
no.09 2015年2月発行

東京ダンスライフ no.9
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。