クロマキー合成サービス

HOME  >  no.9  >  PICK UP KIDS DANCE

PICK UP KIDS DANCE

2015.2.6

KIDS DANCEメジャー化へ
 KIDS DANCEが注目されてから数年たった今、KIDS DANCEというフィールドに変化が表れている。KIDS DANCEが注目されてきたのは、2012年に中学教育の一環にダンスが必修科目として取り入れられ日常にダンスが関わって来た事と、同じく2012年の日経トレンディの流行予想でキッズダンスギアが第3位に入り、メディアでも注目されてきた事から始まっている。
 そういった背景の後押しもあり、KIDS DANCEを応援する企業やコンテンツが増え始め、ここ数年でKIDS DANCE人口が急増し始めた。ダンススクールでレッスンに参加する、コンテストに出場する、キッズダンサーモデルとして雑誌に出るなど、練習や活躍の場所等が増えてきたことや、さらに大人顔負けのダンスでバトルやコンテストに優勝したりなど、今やKIDS DANCEは子供がやるダンスという意味だけでなく、子供にしか出来ないダンスとして存在を認められてきている。

KIDS DANCEの世代交代
 KIDS DANCEは小学生から中学生の間と限られた時間しか活動期間がない。もちろん現在みたいにKIDS DANCEが注目される前から活躍している子達もいて、彼らの活躍が注目される起爆剤になったと言っても過言ではない。LUCIFER、MOVSISTER、Bad Queen等のSUPER KIDSと呼ばれる子達が活躍し、彼らが高校生になると同時に新たなSUPER KIDSが誕生してきている。その筆頭に挙がっているのは、FORCE ELEMENTS、ONPAREDE、K.A.K.B等のダンスチームである。DANCE@LIVE2014のKIDS部門決勝にて、敵なし状態だったBadQueenのIBUKIをFORCE ELEMENTSの優弥が破った時はKIDS DANCEの世代交代が行われた劇的な瞬間であった。
 このように華やかに見える中で凄まじい戦いと競争が行われているのが今のKIDS DANCEの世界だ。

KIDS DANCE 主要大会
 現在日本全国で様々なKIDS DANCEの大会が行われている。その中でも全国区から予選を行い、最終決戦を行う大きな大会がいくつかあり、「DANCE@LIVE」、「ALL JAPAN SUPER KIDS CONTEST」、「ICE CREAM JAPAN DANCE CONTEST」は有名な大会として知られている。勝ち上がる事はとても難しいが、優勝をすればダンス界に名前が知れ渡り、イベントに呼ばれたり、ワークショップを行ったり、メディアに取り上げられたりとちゃんとした評価と待遇が待っている。

DANCE@LIVE

http://www.dancealive.tv/dancealive

ALL JAPAN
SUPER KIDS CONTEST

http://alljapansuperkids.com/

IICE CREAM JAPAN DANCE CONTEST

http://icecream.lovepop.jp/

一覧に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
no.09 2015年2月発行

東京ダンスライフ no.9
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。