HOME  >  no.11  >  TOKYO DANCE LIFE CINEMA 11:コングレス未来学会議

TOKYO DANCE LIFE CINEMA 11:コングレス未来学会議

2015.6.8

『戦場でワルツを』の鬼才アリ・フォルマン最新作! ハリウッド実力派俳優とタッグを組み、
20世紀SF界の巨星スタニスワフ・レムの傑作を待望の映画化!

 あの『戦場でワルツを』で、自らの戦争体験をドキュメンタリーアニメーションとして描き、世界を震撼させ、アカデミー賞®外国語映画賞にノミネートもされたフォルマン監督。今作では、「惑星ソラリス」の原作「ソラリスの陽のもとに」で知られるSF界の巨星レムの「泰平ヨンの未来学会議」を映画化した。フォルマン監督は、映画の舞台を近未来のハリウッドに設定し、荒唐無稽なレムのSF小説の世界を独創的でダイナミックな表現で映像化。観るものすべてを魅了する。 また今回、主演であり本作のプロデューサーとしても名を連ねるロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)は、ハリウッドで一躍脚光を浴びた女優が齢をかさね、母として役者として行きぬく本人役で出演している。他にも、名優ハーヴェイ・カイテルや躍進めざましいコディ・スミット=マクフィー(『猿の惑星:新世紀』)らが脇を固め、イマジネーション溢れる本作に確かな輪郭をあたえている。

STORY

2014年、ハリウッドは、俳優の絶頂期の容姿をスキャンし、そのデジタルデータを自由に使い映画をつくるというビジネスを発明した。すでにキアヌ・リーブスらが契約書にサインしたという。40歳を過ぎたロビン・ライトにも声がかかった。はじめは笑い飛ばした彼女だったが、旬を過ぎて女優の仕事が激減し、シングルマザーとして難病をかかえる息子を養わなければならない現実があった。悩んだすえ、巨額のギャラと引き換えに20年間の契約で自身のデータを売り渡した。スクリーンでは若いままのロビンのデータが、出演を拒んできたアクション映画のヒロインを演じ続けた――そして20年後、文明はさらなる進歩を加速させていた。ロビンはある決意を胸に、驚愕のパラダイスと化したハリウッドに再び乗り込む。

「コングレス未来学会議」2015年6月20日より新宿シネマカリテほか全国順次公開!
● 監督・脚本:アリ・フォルマン
● 出演:ロビン・ライト/ハーヴェイ・カイテル/ジョン・ハム/ポール・ジアマッティ/コディ・スミット=マクフィ/ダニーヒューストン/サミ・ゲイル
● 製作国:イスラエル・ドイツ・ポーランド・ルクセンブルク・フランス・ベルギー
● 原作:スタニスワフ・レム「泰平ヨンの未来学会議」
● 原題:THE CONGRESS
● 日本語字幕:和泉珠里(日本映像翻訳アカデミー)
● 字幕監修:柳下穀一郎
● 配給・宣伝:東風+gnome
● HP:http://www.thecongress-movie.jp/
● facebook:https://www.facebook.com/thecongressmoviejp

一覧に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
no.11 2015年6月発行

東京ダンスライフ no.11
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。