HOME  >  no.10  >  ダンサーインタビュー 10:CRAZY SHIZUKA(CRAZY BOMB)

ダンサーインタビュー 10:CRAZY SHIZUKA(CRAZY BOMB)

2015.4.6

ーHIP-HOPを始めたきっかけは?
 6歳の頃なんとなくレンタルビデオ屋さんに行って、ジャネットジャクソンのハワイでやったライブDVDを入手して見たんですけど、その時のジャネットのシックスパックがあまりにもかっこよくて。

ーちょっと待ってください、シックスパックて何ですか?
 腹筋です(笑)。腹筋が6つに割れててめっちゃかっこよかったんですよ。それとダンスにやられました。とにかくこんな体になりたいな、こんな女性になりたいなと・・・。それと、私神戸の出身なんですけど、三ノ宮ってところがあってアーケード街があるんですけど、そのへんの店のガラス窓に自分の姿を映して練習してる人が大勢いて、おしゃれなかっこうして踊っているところを見てわー、すごいなーと。

ーじゃあDVDみて興奮して、自力でダンスを始めたんですか?
 そうです、最初は一人だったんですけど、その後海の家でバイトしててその時出会ったマイちゃんていう子といっしょにSORAっていうチームを組んだんですよ。空高く羽ばたこうぜ・・・みたいな感じでこのチーム名になって。もう一人のチームメートがヤマちゃんって言うんですけど、この三人でSORAやってました。

ーみなさん今はどうしてるんでしょう?
 ヤマちゃんは今USJで踊ってて、マイちゃんは社交ダンスしてます。解散するときは凄くさみしかったですけど、いろんな環境がある中でそれぞれみんな自分の分野でがんばろうと話しました。今それぞれ活躍してますよ。

ーなんでCRAZY SHIZUKAという名前になったのですか?
CRAZY BOMBっていうチームを組んだんですよ。CRAZY SHIZUKAとYUKI BOMB。二人合わせてCRAZY BOMBになりました。なんかもうFUNKYにやりちらかして、いろんな爆弾をしかけていこうぜ!みたいな感じで。固定概念すらもふっとばそうぜみたいなノリでしたね。だからHIP-HOPって言ってもNEWSCHOOLな感じのが多かったですね、私たちの作品は。

ーどんな練習をしてましたか?
黒人の赤ちゃんの動画をひたすら見たりとか(笑)。ぜんぜんダンス関係ないやん、みたいなところから引っ張ってきたり表情とか、泣いたり笑ったり怒ったりとか向こうのストリートの子が踊ってるのをYou Tubeで見てこういうグルーブを練習してみようとかいろんなことを試していました。黒人の人って、普段の遊び心がダンスになっているというかそこは私のダンスでも大事にしたいところですよね。

ーで、上京してきた頃、NOAで代講してくれてましたよね。
 そうなんですよ、人のつながりってほんとにすごいですよね! MIHO BROWNさんの代講をやらせていただいてたんですけどMIHOさんとはその代講もあり、いろんなことがずっとずっとあり、今でもブロードウェイミュージカルのWIZの現場で一緒だったりします。常にMIHOさんって偉大な存在であり、隣にいてる感じがします。縁てほんと不思議やなって思いますね。

ーやっぱり影響を受けたダンサーはジャネットジャクソンですか?
 ジャネットジャクソンですね~。ずっとそっから見てましたね~、DVDとか。ファッションも昔からかっこよかったですし。

ーちなみに今影響を受けてるダンサーっているんですか?
 今ってめっちゃYou Tube世代になってきたじゃないですか? なんかすごいグルーブを大切にする人よりも、コレオグラフ(振付)を大切にする人が増えたな~と思って。でも自分はグルーブを大切に、そしてコレオも大切にっていうのが大事なんで、旬な人っていうのはあんまりわからないです。でもパリスとかは好きですね。

ーパリスってどこの人ですか? パリの人?
 違います。ニュージーランドのReQuest Dance Crewというチームのリーダーで、今はチームごとLAに拠点を移したみたいです。なんだろ~、グルーブもあってコレオも素敵で、もうなんか時代に沿いながら作っていってるな~て。とにかくめっちゃかっこいい女性です。

ーダンサーとして大切にしていることはありますか?
さっき言ったグルーブももちろんあるんですが、あと会話です。踊ってて、その踊っている人の姿から声が聞こえてきそうな・・・そこを大切にしたいですね。なんかただ、はい1、2、3、4じゃなくて、なんでこう1なのか2なのか(動きを交えつつ)、1個1個の表現がしっかり見える感じを大切にしたいですね

ーやっぱりいいこと言いますね〜。
いやいや~。会話のダンスって言いますか、そうゆうのができる人って本当にダンスの舞台とかでも、空間を動かすことができる人だと思うんです。で、ライブ感覚でお客さんともダンスの会話ができる人だと思うんで。

ーレッスンで心がけていることは?
うーん、常に自分が楽しむ。(笑)
ーそれ大事ですよね。
 なんかすみませんこんなことで(笑)。ただ、やっぱり自分の気持ちが落ち込んでたり、今日まじでやりたくないわ~、みたいなダンスをしてたら、生徒さんにも自分のフィルターを通してそれをまねされてしまうという、悪循環ですよね。  自分が楽しみながら、ダンス初めての人とかにも、音ってこんな気持ちいいんやでってことを身体全部で伝えますね。  リズムトレーニングのレッスンとかたくさんの生徒さんが来てくれるんですけどその時も、(私のエネルギー全部持って帰れ~)みたいな感じでやってます。その後めっちゃどっと疲れますけど(笑)。でも、めっちゃやりがいはありますね。  なんか後ろの端っこの方で自信なさげにやってた人が、どんどん週を追うごとにちょっと内側に来たりとか、そういう変化を見たり、その90分のレッスンの中で、できてなかったステップがなんかできるようになってきて、なんか楽しそうに踊ってる姿を見たりすると、今日もよし踊ったって感じになりますね。みんなと会話したって・・・。

ー今後の活動について教えてください。
 今ダンスだけじゃなくてお芝居もやっていて、ダンサーだけで作り上げてるグループなんですけど、それをやりだしてから、声を発するってことにはまってしまいました。お芝居をやりながらダンスも踊るというスタイルで幅が広がった感じがします。  そこから、今のオズの魔法使いっていうお芝居をやってるんですけど、それに繋がってますね。けっこうストリートダンサー多いんですよ。MIHO BROWNさんやFISHBOYさんなんかもいっしょにやってます。ダンサーは今や、声を発する時代になってきてますね。

ーいろんなことやってますね~。ヒューマンビートボックスなんかできちゃったりするんですか?
はい、できますよ。
ーまじで!?
ちょっとやってみましょか(笑)。あ、でも緊張するな、やばい~。(と言いながら、バスドラ、スネア、ハイハットの三つの音を巧みに操ってグルービーなビートを醸し出すCRAZY SHIZUKA)。はははは(笑)。遊んでます、常に。

ープライベートはどんな感じですか?
オフの日とか何してるかってことですか?私、料理作るの好きなんです。
ーえ~・・・びっくり!
それこそ朝から音楽かけながら、踊りながら料理してます。クッキングダンサーですね(笑)。パエリヤとか、あとカレーも香辛料とかほんと煮込んだり、すりおろし系のやつ作ってみたり。好きですね~料理。将来なんかそういう舞台やりたいです。
ー舞台?
舞台というか、なんかそういうのを形にしたいです。歌いながら、ボイパしながら、料理作りながら、ダンスして、ストンプとかして、ジャーンとこう料理が出来上がるみたいな・・・そういう番組しようかな~(笑)。レストランとかでもそういうのしたいですね。だれか支援してくれないかな(笑)。
ーそんな特技があったんですね。常に踊りながら作っているんですか?
そうですね、でも自分的には全然意識はないんですけどやっぱり音楽は常にありますね~隣に。だからたぶん、私の家にカメラ置いてたらなんかすごいやろうなって思います。とにかく踊っております。
ー『CRAZY SHIZUKAの楽しいダンシングクッキング 〜踊っているうちにおいしい料理のできあがり~』みたいなDVDでも出しますか?
出した~い。ちょっとそういうの形にしてくれる人募集中って出しといてください。
ーたぶん今、踊りながらごはん作らせたら日本一だと思います。
いやいや、もっとすごい人いますんで(笑)
ー今日はありがとうございました。


CRAZY SHIZUKA(CRAZY BOMB)
■バックアップダンサー:EXILE/a-nation opening actダンサー/TRFa-nation/板野友美 PV/AKB48 PV/AI PV LIVE/久保田利伸 PV ■CM:パイオニアSTEEZスピーカー/ZIMA/H-1ネイルズ/VENUS ARG/カネボウ化粧品(KATE) ■受賞歴:OSAKAダンスディライトvol.26 優勝/D-1 ダンスグランプリ ソロバトル部門 優勝/D-1 ダンスグランプリ ソロバトル部門 準優勝/グダグダナイトダンスバトル 準優勝/神戸deバトル 準優勝/Beat street 特別賞/act ダンスコンテスト 3位/DANCE@LIVE Charismax best 4 etc... ■振り付け師受賞歴:I LOVE DANCEコンテスト コレオグラファー賞 受賞/東京MXTV EZ DO DANCE 全国大会グランドチャンピオン/フジTV ワンナイ ゴリエ杯 大阪地区大会突破 TV出演/I LOVE DANCEコンテスト コレオグラファー賞 受賞/クイーンズスクエアKid`s dance コンテスト最優秀賞/芸王ダンスコンテスト 全国大会 準優勝 + 審査員特別賞 受賞/その後、香港で開催されたダンスイベントにgest 出演/スーパーキッズ予選優勝/他、各地ダンスイベントにて数々の キッズダンサーを受賞へ導く。 ■TV:TV TOKYO『踊り場』レギュラー出演/TV TOKYO『DANCE@TV』/TV OSAKAナイトクルージング/『カンブリア宮殿』関西スイーツタクシー レポート ■その他:山手女子短期大学ミスコンテスト優勝/山陽バス100周年ラッピングデザインバス最優秀賞(実際デザインしたバスが関西で走行中) ■雑誌モデル出演:WOOFIN`/WOOFIN` girl/411/サムライマガジン/MOVEMENT/DANCE DELIGHTマガジン/DANCE@PRESS etc... 最近では、宮本亜門演出の舞台ブロードウェイミュージカルthe WIZ ”オズの魔法使い”や大関真演出 RED PRINT ”死神パレード”などミュージカルや、お芝居などにも幅広く活動中。

一覧に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
no.09 2015年4月発行

東京ダンスライフ no.10
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。