HOME  >  no.9  >  ダンサーインタビュー 09:RYO(Beat Buddy Boi)

ダンサーインタビュー 09:RYO(Beat Buddy Boi)

2015.2.6

人前で踊るのが好きだった!ダンスを始めたきっかけとは

ダンスを始めたきっかけを教えてください。
 母親がダンスを趣味でやっていて、僕も地元福島のダンススクールに通い始めたのが最初のきっかけです。最初は女の子が多くて男の子が少ないスクールだったので、気が引けていたのですが、自分が入った同時期に5人くらい男の子が入ってきました。そしたらすごく仲良くなって、ダンスを習うというよりは友達に会う為にダンススクールに行っていたという感じでした。そこからダンスの発表会に出る機会があったのですが、そこでダンスの楽しさに気づいてどんどんハマっていきました。
当時からかなり踊れていたのですか?
 全然です(笑)。地元っていうのもあったので、HIPHOPとかダンスのジャンルも全然分かっていませんでしたし、DA PUMPさんの曲で踊ったりとかそういう感じでした。でも単純に人前で踊るというのが楽しくてダンスを続けていきました。

遊びから本気へ 影響を与えた出来事とは

影響を受けたダンサーは誰ですか?
 Beat Buddy Boi(以下BBB)のメンバーはもちろんですが、HIPHOPをやっていこうと思ったきっかけをくれたのは、ELECTRIC TROUBLEさんです。
 DANCE DELIGHT TVという番組を見ていたらELECTRIC TROUBLEさんが出ていて衝撃を受けました。自分がやりたいのはこれだってその時思いました。
 当時自分の地元ではこの番組が日本の凄いダンサーを知る情報源で、それまではジャンルとかよくわからず踊っていましたが、彼らを見てHIPHOPをやりたいと思うようになりました。
 今までは友達と遊びでダンスしていたり、人前で踊るのが好きでって感じでしたけど、彼らのダンスを真似して一生懸命ダンスに取り組む様になっていき、さらにダンスが好きになりました。

BBB全国LIVEツアーの裏側に迫る

BBBで全国LIVEツアーを行っていますが、東京と地方で違いとか特徴はありますか?
 東京でLIVEをやる時は、大体はBBBを知っている方やファンの方が来てくれるので盛り上がるのですが、全く初めて行く地域だと自分達を知っている人もいれば、知らない人もいるので反応が新鮮だったりします。最初は棒立ちで見ている人もいます(笑)。でもLIVEの後半になってくると棒立ちだった方も盛り上がってくれたりするので勉強になるし、良い経験になりました。後は地域によってダンスの見方に違いがあるのか、真剣に見ている人もいたり、色々な場所に行く度に発見があります。
LIVEを制作する上でメンバーそれぞれ役割があると思うのですが、RYOさんの役割はありますか?
LIVEの中で言えばMCを多めにやったり、しんどい所でソロやらされたりです(笑)。大技で見せ場を作ったり等もしています。  SOULダンスの入ったSEXYな部分はakihic☆彡さん、TOYOTAKA、gash!がやっていたり皆それぞれに見せ場や役割があります。
SEXYな方はやらないのですか?
やりたいです(笑)。でも出来ないです。SOULとかやりたいですけど、みせられるレベルではないのでやらないです。
昨年行われたLIMITED LIVEではSHUHOさんとHOUSEをやっていて、とても完成度が高いと思いました。HIPHOP以外で得意ジャンルとかありますか?
 ありがとうございます。頑張って練習しました。僕はステップが好きなので、最近ではHOUSEが好きです。得意という訳ではないですが、見たりするのも好きですし、HIROさんのレッスンを受けた事もありますし、HOUSEのフロアからインスピレーションをもらう時もあります。
 自分達がやっているHIPHOPもFREE STYLEに近いので、他のジャンルのいい所は取り入れていきたいと思っていますし、メンバー全員貪欲に吸収しています。
BBBメンバーの中でこれだけは負けないという部分はありますか?
 ダンスの部分で言えば、ダンスのキレや身体能力とか爆発力とかを自信持ってやっています。SHOWの中で勢いをつけたり、若さも生かして盛り上げるという部分は意識しています。
学生時代は部活で活躍してそうですね?
 いや、中学生の時はコンピューター部でした(笑)。まったく行ってなかったですけど。でも運動は好きなので、遊びでバスケットやサッカーをやっていました。
BBBの作りこまれたネタはどのくらいで出来るのですか?
 SHOWによります。昔は結構時間かけていて一つのネタに1か月くらい使っていました。最近では多くて2週間、早くて3日ぐらいで作ります。ネタを作る作業はこのぐらいの期間で、そこから詰めていく為の猛練習です。
 今はメンバーの得意とする所や癖とかニュアンスが皆分かっているので、すべての作業が早く進んでいきます。チームを組み始めた頃はそこの部分がまだ曖昧だったので時間もかけてきましたが、チームを組んで長くなるので何もするにもやりやすくなってきました。長く続けてきたチームのいい所だと実感しています。

必見!BBB流レッスンとは

レッスンをやる上で心がけている事はありますか?
一番に楽しいという事を大切にしています。持っているレッスンにもよりますが、まずはダンスの楽しさを知ってほしくて、慣れてきてからどんどん深い部分を教えていきたいと考えています。僕もダンスについて熱くなってくると、語ってしまう部分があるのですが、ダンスやり始めた頃ってそういう話しても分かってもらえないですし、自分も最初は分からなかったです。ダンスを続けていくと、言われた意味が理解出来て繋がってくるので、最初はまずダンスを続けて貰う為に、楽しさという部分を伝えたいです。僕はレッスンで振付はあまりせずに、ステップやリズムの取り方といったベーシックの部分を大切にして重点的に教えています。たくさんの振付をしていく中、一つ一つの振付が疎かになってしまう事は、良くないと思うので、そうならないように基礎を重点的に教えるようにしています。これはBBB全員共通して行っています。もちろん振付もしますが、振付の中にあるステップが出来ていなかったら、そこを重点的に教え始めたりします。そのぐらい基礎を大切にしています。

ダンサーRYOが思う自分の姿、今後の活動とは?

ダンサーとして大切にしている事、挑戦したい事はありますか?
探究心とオリジナリティです。探究心の部分は常に新しいものを取り入れて、新鮮な自分でいる事を大切にしています。そうすると自然にダンスも上達していきますし、猛練習もしますし、自分のダンスに飽きる事もなくなると思います。
 オリジナリティの部分で言えば、BBBは7人いるのでそれぞれすごい部分があります。自分には出来ない事を他のメンバーが出来るという事も結構あるので悔しい時もあります。だからこそ自分もこれだけは負けないというものを常に磨いて行きたいと思っています。チームとしても他のチームがやっていない事や出来ない事をやっていきたいですし、チーム内でも自分にしか出来ないもの追及していきたいです。勝ち負けとかではなくて、自分はこういうダンスが好きで、このダンスをしているんだという事を提示していきたいです。
 あとは音楽も大事にしています。最近MPCを勉強していて、昨年のNOAダンスアカデミーの発表会でも自分で作った音源を少し入れたりしました。もっと音を作れるようにしていきたいです。

大人気若手ダンサーRYOのプライベートに迫る!

最近のマイブームは?
 ジムでトレーニングですかね。後は読書です。
休みの日は何をしていますか?
 大学時代の友達と遊びます。映画を見に行ったりする事も多いです。あとは飲みにいっちゃいます。
好きな女性のタイプは?
 ほんわかしている人がいいですね。人当たりがいい女性が好きです。


RYO(Beat Buddy Boi)
APAN DANCE DELIGHT VOL.18優勝/ JAPAN DANCE DELIGHT VOL.17 2位/ TOKYO DANCE DELIGHT 2位/ JUSTE DEBOUT 2009 hiphop 優勝/ TOKYO GIRLS COLLECTION 出演/ DANCE@TV出演/ スーパーチャンプル出演/ 笑っていいとも出演

一覧に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加
no.09 2015年2月発行

東京ダンスライフ no.9
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。