HOME  >  no.21  >  DANCER RECOMMEND CD 21

DANCER RECOMMEND CD 21

2017.4.25

Joey Bada$$

「All-Amerikkkan Badass」

1995年1月20日生まれ、米ニューヨーク・ブルックリン出身のラッパー。NYヒップホップの伝統を今に継承し90年代のヒップホップ黄金期を彷彿とさせるプロダクションでヒップホップ・クルーPro Eraを率いる天才ラッパーJoey Bada$$の新作アルバム。味わい深いサンプル使いのローファイとハイファイがクールに突き抜けたトラックスと、ICE CUBEをも彷彿させる孤高のリリックで綴られたラップがスピットする。

HIROKID(HigH VLEND、Act Vibe’z)

俺が生まれるよりも前!New YorkのBronxから生まれた文化が今では様々な形となって世界に広がっている!HIPHOP!俺は特にNew YorkのStyleがとことん好きで、沢山のRapperの中でも今注目してるのJoey Bada$$!この記事を書いてる時は22歳!Rapperとしてもまだ若手だけどどこか昔ながらな歌い方に何よりLyricsがしっかりしてる!誰もが英語のラップの歌詞を和訳してちんぷんかんぷんになったことあると思います!(笑)けどJoey Bada$$の歌詞はほとんどがちゃんとした文章になりストレートにみんなに届くと思う!けどスラングとはまた違う言葉遊びなんかも使っていて、まるで小説の様に聴く側の想像力でいくらでも世界は広がります!そして何より聞いてほしいのはこのアルバムAll-Amerikkkan BadassからLand of the Freeって曲!聴いても良し!ノリにも良し!ストレッチの曲にしても良し!この曲の後にThe Notorious B.I.Gのjuicyなんて流れたら俺はテンションブチ上がる!笑 歌詞も素晴らしいので是非聴いてみてください!

AVANT

「Director」

ドネル・ジョーンズやケニー・ラティモアと音楽性が共通する上に,Ne‐yoのような大型新人が台頭するに及んで,微妙なポジションに置かれているのがAvantの現状か。それでも,この人の繊細な高音域を活かしたヴォーカルと,メロウなスムーヴ&バラードのアンサンブルは魅力的だ。それが証拠に,本作にも収録されたG-ユニットのロイド・バンクス「Exclusive」,The PussyCat Dolls「Stickwitu」は,彼の客演の多さの一端を物語るものであるし,ジャーメイン・デュプリなどの大物が制作に参加していることからも,彼の音楽性に対する評価の高いことがわかる。本作も冒頭から甘美なR&Bバラードが満載。その中でも,しっとりと落ち着いたレイトナイト向けのメロディーの「So Many Ways」,ロマンティックで心温まるメロディーが切ないほど愛おしい「This Is Your Night」の冒頭の2曲と,女性シンガーNicole Scherzingerを起用したシルキーでロマンティックな「Now Got Someone」,まどろんでしまいそうなほど心地良く流れ,クライマックスでは甘美なギター・ソロも交える「Imagination」の終盤2曲が素晴しい。

DAIKI(THE TEAM)

このアルバムが2006年だから、おれが高校3年から大学生にかけて気に入ってよく流してかけてたアルバム。ハズレ曲少ない名盤だと思います。今でも聴くと当時を思い出してセンチメンタルになっちゃう。学生のとき初めての海外でニューヨークに行った時にたまたま食事に入ったお店でディナーショーのゲスト的な感じでAVANTが出て来てビックリ、感動した思い出も懐かしい。

CHRISTINA PERRI

「HUMAN」

1986年8月19日生まれ、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガーソングライター。 アメリカの人気ダンス・オーディション番組「Dancing With The Stars」で、ソチ五輪メダリストでもある義足のスノーボーダー、エイミー・パーディーのダンス曲として使用され、その感動的なパフォーマンスから“全米が泣いた”と話題になったシングル。

BORI

CHRISTINA PERRIの曲は他にも好きな曲はあるのですが、この曲は特に好きな曲で、歌詞の意味と歌い方にぐっときます。「I’m only human」のWordが大好きです。いつかこれで作品を創りたいなとも思ってる曲です。 是非チェックしてみてくださいー☆

N'gaho Ta'quia

「in the Pocket」

N'gaho Ta'quiaは、プロデューサーsauce81ことnobuyuki suzukiの別プロジェクト。sauce81としては、2013年に『Fade Away EP』12"、『All In Line / I See It EP』12"、77 Karat Gold(grooveman Spot & sauce81)『Love / Memories In The Rain』7"のリリースがある。生々しいマシン・グルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い。雑味たっぷりの楽器演奏と時折表すファジーでメローなボーカル ワーク。ディープなソウルとファンクネスをマシンに宿すプロダクション・スタイルで、これまで国内外多数のコンピに楽曲提供、TOKiMONSTA、 LOGIC SYSTEM、Julien Dyne、Ovall などのリミックスも行ってきた。2008年、バルセロナにて開催された Red Bull Music Academy に招待され、Metamorphose や Sonar Sound Tokyoなどの国内フェスにも出演。COSMOPOLYPHONIC のメンバーとして活動している。N'gaho Ta'quiaでは、よりグルーヴとファンクネスを深めると共に、アルバム制作へと繋がるコンセプチュアルな世界観を表現している。

RYOSUKE

Sauce81の別名ユニットで、JazzとFunkの要素の混ざり方が絶妙な感じで、特にBassの好きな僕にはたまらない1枚です。最初聞いた時は日本人だとは思えなかった…中でも”The Woozie Town”と”In The Pocket”はお気に入りです!踊りたくなりますね~!

このエントリーをはてなブックマークに追加
no.21 2017年4月発行

東京ダンスライフ no.21
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。