HOME  >  イベント情報(ショー・コンテスト・バトル)  >  SEE SAW(シー・ソー)

2.9fri

SEE SAW(シー・ソー)
SHOW
詳細
SEE SAW(シー・ソー)
GRINDER-MAN 新作パフォーマンス公演

パフォーマンスグループGRINDER-MAN(グラインダーマン)による新作のシアターピース。2つに仕切られた劇場空間で同時にはじまる2つのダンスを、どちらから観覧するか。目の前(=SEE)と向こう側(=SAW)の2組の身体に、音と光そして映像が重なりあって、裏と表が目の奥で交差する。

http://see.grinder-man.com/


構成・演出=タグチヒトシ(GRINDER-MAN)

演出・振付=伊豆牧子(GRINDER-MAN)

出演=生島翔/小山柚香/背戸田勝敏/水村里奈/三橋俊平/横山真依

音楽=畑中正人

映像=WOW


◯日時

2018年2月9日(金)10日(土)11日(日)
 
◯会場
シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
 
◯チケット
一般前売 4800円
一般当日 5800円

◯ご観覧について

・各上演時間は120分。全席自由(入場整理番号付)。

・上演時間中の入場受付は2回。いずれかの入場受付時間にお越しください。

・詳しい観覧方法は当日配布パンフレットにてご案内いたします。

・未就学児童の入場不可。 

主催=GRINDER-MAN
提携=公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
後援=世田谷区
協力=株式会社ストロベリーメディアアーツ/株式会社ダブリューアール/株式会社テレビマンユニオン/ノーヴァスアクシス/株式会社Fly sound/文京図案室/株式会社ボール/株式会社RYU
助成=アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/芸術文化振興基金

衣装=中村実樹
舞台監督=黒田隆行
照明=高田政義
音響=福岡功訓
映像送出=永渕裕康/清水要
宣伝美術撮影=佐藤克秋
宣伝美術=三木俊一
広報=森下祐紀
制作=堀内求/天野悠二(GRINDER-MAN)/株式会社イッカク

◯プロフィール
GRINDER-MAN(構成・演出・振付)
パフォーマンスグループ。演出・振付を駆使して生みだすのは「いま・ここ」の身体表現。東京を拠点にこれまで国内および海外の劇場・美術館やフェスティバルでの作品上演、メディアアートからイベント演出まで多様な活動を展開している。メンバーは演出家のタグチヒトシと振付家の伊豆牧子。ジャンルを横断した外部との恊働による演出・振付・キャスティング等も多数。grinder-man.com
 
畑中正人(作曲・サウンドデザイン)
北海道浜頓別出身。「音のオートクチュール」をコンセプトに広告・テレビ・映画・舞台・イベント・建築・展覧会などの分野で「音楽」と「音」を提供。代表作は、ミラノサローネ2011「CANON NEO REAL WONDER」、東京スカイツリー450M<天望回廊>、函館みらい館など。音楽配信サイト「MUSEUM STORE」にてアルバム「ice of feelings-special limited edition」を配信中。www.hatanakamasato.net
WOW(映像)
東京と仙台、ロンドンに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。CMやVIといった広告における多様な映像表現から、さまざまな展示スペースにおけるインスタレーション映像、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスのデザインまで、既存のメディアやカテゴリーにとらわれない幅広いデザインワークを展開。作り手個人の感性を最大限に引き出しながら、ビジュアルデザインの社会的機能を果たすべく、映像の新しい可能性を追求し続けている。www.w0w.co.jp

閉じる

このエントリーをはてなブックマークに追加
no.24 2018年2月発行

東京ダンスライフ no.24
配布場所は配布店一覧をご覧ください。

TOKYO DANCE LIFEは従来のダンス情報はもちろん、衣・食・住・遊すべてにダンスを絡めた独自の視点で 新しいコンテンツを発信する新感覚のダンス情報系フリーペーパーです。
当サイトは偶数月に発行されるフリーペーパーの記事はもちろん、全国のイベント情報(ショー・コンテスト・バトルなど)、今もっとも熱いダンサーの紹介、 ダンス練習にオススメのレンタルスタジオ、貸しスペースの検索、 発表の場となるイベントホールの紹介を含めた総合情報サイトとなっております。